陶芸・やきもの 色の種類:カテゴリー

陶芸・やきもの 色の種類

陶芸・やきもの 色の種類
白磁
(はくじ)
陶芸白磁
白磁とは、模様のない白い磁器をいいます。
純度の高い素地(きじ)と釉薬(ゆうやく)から白い磁器になります。江戸時代に佐賀県の有田焼ではじめて白磁が作られました。(画像の陶芸は、波佐見焼)
青白磁
(あおはくじ)
陶芸青白磁
青白磁とは、名の通り青っぽい部分と白っぽい部分をもった磁器をいいます。釉薬が薄くかかった部分が白に近い色で、釉薬が濃くかかった部分は青色が強く現れます。釉薬の濃淡によって青白く焼きあがる陶器です。(画像の陶芸は、美濃焼)
青磁
(せいじ)
陶芸青磁
青磁とは、釉薬の鉄分が、還元炎焼成(かんげんえんしょうせい)する化学原理を利用し、青くなった磁器です。その鉄分量のバランスによって青から緑色まで発色の変化が楽しめます。(画像の陶芸は、美濃焼)
安南
(あんなん)
陶芸安南
安南とは、ベトナムを意味しています。ベトナムから輸入されていた陶器を「安南もの」といい、安南のやきものをまねた日本の陶器は、「安南写し」や「安南手」などとよばれます。(画像の陶芸は、美濃焼)
焼締
(やきしめ)
陶芸焼締
焼締とは、技法の呼び名で、釉薬をかけず整形した素地を乾燥させた後、焼くことをいいます。また茶色っぽい色を焼締といい、常滑焼、越前焼、備前焼などがあります。(画像の陶芸は、備前焼)
黄瀬戸
(きぜと)
陶芸黄瀬戸
黄瀬戸は、日本で生まれた鉄系の淡黄の鉄釉・黄瀬戸釉を用いた陶器の色をいいます。「油揚手」「たんぱん抜け」「焦げ」の三拍子揃ったものが貴重とされます。(画像の陶芸は、瀬戸焼・黄瀬戸)
織部
(おりべ)
陶芸織部
織部という名前は、桃山時代の武将・茶人であった、古田織部の名から名づけられたことは有名です。織部には、陶器全体が緑で覆われているものを総織部、緑の部分と模様があるものを青織部、その他鳴海織部や黒織部などがあります。(画像の陶芸は、美濃焼)
染付
(そめつけ)
陶芸染付
染付とは、呉須(ごす)といわれるコバルトが主原料の藍色顔料で白磁に絵付けをし、その上に透明な釉薬を掛け焼いたやきものをいいます。ペルシャで発見された呉須は、中国を経由し日本に伝来したものといわれています。(画像の陶芸は、美濃焼)
刷毛目
(はけめ)
陶芸刷毛目
刷毛目とは、陶器の素地に白く発色する"泥しょう"とよばれる化粧土を刷毛(はけ)でぬったものをいいます。刷毛には藁(わら)を束ねたものを用い、一気に化粧土を塗りつけます。かすれ具合が刷毛目の味わいといえます。(画像の陶芸は、美濃焼)


Page: 1
TOPPAGE  TOP 
フィード